市内中心部に、ひっそりと佇む近代数寄屋住宅
熊本市K邸
20171203131414274.jpg

先日、今年で管理7年目になるお客さんの所へ剪定に行きました。

アプローチ左側、シラカシの生垣は
圧迫感が出ないように、中から透かし剪定をしています

奥には人が通れる幅を間に設けた、段違いのサザンカとヒイラギモクセイの生垣
背景は高木のキリノキです。

公道から一本入ると、静かで趣のある空間へと変わり、
進んだ先に見えるここからの風景が、僕は気に入っています。

庭管理は毎回少しずつ自分の色を加え、思うようにさせていただいているので、
とても遣り甲斐を感じています。

これからも建物と空間の調和を考えた剪定を心掛けていきたいと思います。

コメント 0